Top. ..............................................................................................................................................................................................
ようこそ!免震・制震建築のベストプランナーのページヘ
免震・制振と建築文化のハーモニーが建築の価値を変える
 
2021年 免震建築の全国普及、免震セミナーの展開 ”されど免震構造”
2010年6月 社団法人日本免震構造協会 普及賞を受賞、 普及活動を通じて、全国の設計者と接し、建物を見て「建築文化と建築構造」を考えて行きます

設立17周年 CERA-DESIGN 建築構造設計
建築事務所登録埼玉県知事登録(4)第8702号
   
TEL&FAX:049−298−5902  携帯:090−5342−4018

お問い合わせ・ご相談はこちらE-mail : cera-design@nifty.com
HPアドレスの変更 http://cera.world.coocan.jp/
最終更新日: 2021年 7月 30日 

更新事項:「免震建築の設計限界」”免震建築を設計するうえで、何が限界になるか      

 住所: 〒350-2201
 埼玉県鶴ヶ島市富士見1−9−8 アスティ198 202号
      
 会社紹介  業務内容・実績  作品紹介  構造設計料  技術チャレンジ  情報リンク
 免震の技術  免震建物設計 免震設計ノート   制振の技術  制振建物設計   制震設計ノ-ト
 免震セミナーニュース    免震コミュニケーションズ  免震セミナーの記録   震災と復興   講演・報告

=================================================================================================================================================================
(今思うこと :「免震建築の設計限界とは」 ”免震建築を設計するうえで何が限界になるかを考えてみた。” ) 

この32年間にわたり免震建築の設計を行ってきた。その過程でいくつかの限界があることを感じた。
ここでは、改めてふりかえってみた。
免震性能は、免震部材の種類によって性能に違いが生じるが、免震性能として否定されるほどの違いは生じない。
よって、一般的に免震部材の選択で免震建築の設計に限界は生じない。
ほとんどの要因は、法的条件と経済性、設計体制の連携にあった。
A. 法的条件ではどんな点が限界っとなったか。                                          
免震構造でない一般的な耐震構造では、法的条件は設計者の力量で対応が可能である。
例えば、設計ルートは建物の規模や構造種類で異なってくるが、地盤の状態で変わることはない。
ところが、免震構造は、地盤の状況で設計ルートが変わり、その対応は設計者の力量では対応できない場合がある。
●地盤が軟弱で液状化の恐れがある層を地盤改良する場合、    
           それができにくい地層(火山灰による地層など)がある。工法を変更することで対応はできても重機の搬入ができないことなどがあった。
●工学的基盤が著しく傾斜している場合、特殊な解析をしなければ  
入力地震動の加速度増幅や時刻歴波が算定できないこともあった。

B. 経済的条件ではどんな点が限界っとなったか。                                       
●地盤改良や特殊な解析には高額な経費が必要となり、      
免震建物の建設費と工期に大きく影響する場合が生じる。
そこまでしてと、免震化の価値が問われる。   

C. 設計体制の連携ではどんな点が限界っとなったか。                                     
免震建築の要望は、ほとんどが施主による。昔は、免震建築が十分に普及していなかったため構造担当者が推奨した。
建物の設計は、デザイン担当、構造担当、設備担当者、営業・積算担当など多くの人が連携して行われる。
免震建築は、耐震性は著しく優れているが、
・免震層の配置や建物配置、・EXPの設定、・1階床レベルの指定、・設備配管のフレキシブルジョイント、配管位置の制限など
多くの面で各担当者の手間を必要とする。
設計者は、できるだけ早く終わらせたいのが本音であり、これらの手間で大きな利益を望めない。
免震建築にしたいと施主の要望があると、私などの専門設計者以外は、なんとかそうならないことを望む。
この連携の不和は、オーケストラと同じで、なんとなく調和のない雰囲気が伝わる。
こうなると、些細なことが限界となり、構造担当者は極めて低い立場となる。


****免震・制振建築構造を設計するならば****
免震、制振構造の設計では、基本設計が欠かせない。建物規模が小さいとなおさらである。
これらA,B,Cの要因を基本設計で洗い出し、免震化・制振化によるその優位性と
各担当者の業務を明らかにして連携をとることが、
免震・制振建築では最も重要であると考える。

 So far
===========================================================================================================================================







     
1.免震建築のQ&A .........................................................................................
 
こんな建物も免震構造にできるの? 免震構造のメリットは? どのくらい経費がかかる? などなど  

[予告] 2. 第35回免震構造設計セミナーin 東京 2021/**/**(*)  ===>  
 

  テーマ:「
免震建築の基礎的設計から実践的設計、・・・免震建築がわかる

 【開催主旨】
 :免震部材の性能偽装が数年にわたり続発し、これに対し厳しい是正処置がなされた。偽装の背景には、多くの需要に

  営利のみ優先した製造体制があったと見られる。されど、巨大地震の続く中で、免震建築に対する期待は高まっている。

  多くの技術者や設計者が誠意をもって歩み、その成果が高く評価されているからである。

  ここでは、最も有効な防災技術の免震技術を継承し展開することが建築技術者である私の唯一の道と考えている。

  日時:令和3年 *月 *日 9:30 〜17:30  コロナ禍のため予定を見送ります。(メール質問受付ます)
  場所: 板橋区立グリーンホール (5階、会議室)


[新設窓] 3. 新技術の提案します。上のタグ[技術チャレンジ]をご覧ください。..............
4. 構造設計料を設定しました。上のタグ[構造設計料]をご覧ください。..............
          対応構造種別: 耐震構造、免震構造、制震構造、耐震診断・耐震改修
5.免震コミュニケーションズの活動 (参加希望者は下記へメールを!)  免震構造の設計について考える技術者のページです。
 設計を支援する技術情報を提供し、免震構造の設計業務を支援します。 気軽にご相談ください。 E-mail  cera-design@nifty.com 




          【免震セミナーニュース】Top.


35回 免震構造設計セミナー in 東京

「 免震建築の基礎的設計から実践的設計、・・・されど免震建築 」

          参考資料1 「免震部材の多数回繰り返し特性と免震建築物の地震応答性状への影響に関する研究」(独)建築研究所 No.170
              
http://www.kenken.go.jp/japanese/contents/publications/data/170/index.html

          参考資料2 「免震建築物の設計用地震層せん断力係数に関する検討」(独)建築研究所 No.162   報告書1 
          参考資料3 「長周期地震動に対する超高層鉄骨造建築物の耐震安全性に関する検討」(独)建築研究所 No.160
           参考資料4 「地震観測に基づく地盤ー建築構造物の動的相互作用に関する検討」(独)建築研究所 No.167


 
                      [ 開催の主旨 ]

  免震部材の性能偽造が昨年より続発している。

 その背景には、多くの需要に営利のみ優先した製造体制が感じられる。

 されど、巨大地震の続く中で、免震建築に対する期待はさらに高まっている。多くの技術者や設計者が

 誠意で歩み、その成果が高く評価されているからである。

 ここで歩みを止めることは、これから育つ技術者を見捨てることになると考えます。



 今回も、”これから免震構造の設計をされる方”を対象に、7話に分けて免震建築の基礎的設計から実践的設計について
ポイントを説明します。

<第1話>では、免震システムの基本的な設計の流れを説明します。
           免震層の最適特性の設定について  :免震部材の選定と最適復元特性カーブの設定

<第2話>では、さらに
モデル建物(「構造部材・部材断面事例集」日本防災協会より選択)を用いて、告示計算の流れを説明します。

<第3話>では、時刻歴地震応答計算の流れを説明し、告示計算の応答結果と比較して相違点について考察します。


<第4話>では、告示計算と時刻歴地震応答計算による応答値が大きく異なる応答層せん断力(係数)について、その原因と
       その補正方法について建築研究資料No.162を基に解説します。提案式をモデル建物で試算し、補正方法を検証します。


<第5話>では、
想定地震動や長周期地震動などに対し、モデル建物を用いた対応を示します

<第6では、全国で耐震改修の工法として免震改修(レトロ)が多くの建物に適用されています。その事例とその検討内容や
       適用に至った経緯を紹介します。

第7話>では、モデル建物を擬似適に耐力劣化させ、免震改修(レトロ)によって耐震性能がどの程度まで改善されるかを
 
      試算します。

以上、皆様の参加をお待ちしております


  テキストの受講者向け公開は、第35回はR3/**/**からを予定しています。下記のボタンをクイックしてください。

            第35回免震構造設計セミナーin 東京 : 期間(R3/**/**〜**/**)限定 第35回テキスト(カラー版)

                                    ・第35回テキスト(白黒版) 


 =================================================================================================================
          

            









【これまでの記録  :今思うこと 2020.05.10〜】             Top.

==================================================================================================================
(今思うこと :「性能偽装の計画」 ”性能偽装が止まらい技術社会の実態を考える” ) 

この3年間にわたり免震部材(積層ゴム支承、オイルダンパー)の性能偽装防止に関する審査に携わってきた。
国土交通省は、偽装ができない改ざん防止システムの採用、突合試験確認、データの永久保存、
生産管理体制の改善、製品の取り換えなど性能偽装の対策を指示した。
また、偽装をしていないとされるメーカにもその適用と偽装の可能性の有無を確認する指示が審査機関にだされ、
満たさないメーカには製造許可をださない方針とした。
審査では、偽装を行った会社にはその経緯や原因を説明させ確認し、対策が有効に作用するか、
他のメーカには、これらの対策が取り入れられているか、偽装の痕跡はないかなどを確認した。
主な免震部材のメーカはこれらの審査がほぼ終了し、取り換えも進んでいる。

6/25 M電機の空調装置やブレーキの空気圧縮機の性能偽装がニュースになった。
35年間にわたり会社組織としての性能偽装計画が進められたといえそうだ。

免震部材の偽装問題に係わった経緯からM電機のニュースは、技術者でありながらも技術者不信になった。
どちらの問題においても組織性があると感じている。
簡単には言えないが、「技術者が不正を行い管理者が体裁を整える偽装を計画した。」といえる。
技術者は何故、不正行為をしたのか、
そこには納期、高度な製作仕様、多種な品質管理、部品の分離発注、過剰な残業、成果評価などがある。
特に、営業部と製造部のコミュニケーションが欠けているメーカは偽装の可能性が高くなる。

営業部は、納期、仕様、価格を交渉し、顧客の要望を満たすことを重視した受注を目指す。
製造能力を十分に承知していれば、製造部の要望との調整を図り、顧客と交渉する。
競争の厳しい製品は、このような交渉が少なくなる。
偽装、不正は技術者に責任があるが、やもえないとする組織の体質も問題である。
されど、技術者はどのようにすれば精度のいい、生産効率のいい製品ができるか、
その努力が不足していると感じる。営業部とのコミュニケーションにも不足を感じる。

この3年間で感じた不正、偽装防止策として、最も有効なのは、関係者が適宜にコミュニケーションをとることだと感じている。
悪い結果がでたら関係者にすぐ報告し、その結果を共有する。
個人の責任にはしない、原因をすぐ検討する。
結果と原因の因果歴を記録していれば、同じ製品では修正作業も早く、苦痛にはならない。
そんな資料を提示できるメーカはなかった。
そんな資料がないとは思えないが、それを他人に見せることがタブーである認識が、消えないかぎり、偽装計画が続く。

****免震・制振構造では****
免震、制振装置の性能リストがライバル会社と全く同じ会社は、
営業的な性能が列記されている傾向があり要注意である


(
今思うこと :「解体設計という設計」 ”持続可能社会を考える設計”といえるだろうか? )
 

昨今、”SDGs”(持続可能な開発目標)ということばを頻繁に新聞・ニュースで見るようになった。
世界の人々が、健康で幸せを求めて暮らせる社会を構築するために17の目標が掲げられている。
競争的な経済活動を自慢してきた高齢者の方々には理解できない目標が多い。
建築が最も関与する目標は、No.11の「住み続けられる街づくりを」になる。
昨年、コロナ禍の中、共同住宅建物の解体設計業務を行った。
専門とする本業とはかなり異質な業務であったが、新築設計の反対側に解体設計があるだろうと思うとその経験に意欲がわいた。
業務は、大きく分類すると解体計画と積算業務である。
計画では、できるだけ安全に、環境を保全しながら工事を行い、そのプロセスを検討し図面化、工程計画を行うものである。
解体対象は、建物躯体、内装材、電気設備機器、機械設備機器、外構設備の全てとなる。

積算では、建設資材全ての容量を計算し、産業廃棄物として分類を行う。
それらの撤去方法、処理方法、処分所、処理費、リサイクル費と運搬費を計上する。
新築時にはあまり考えていなかった、有害物(アスベスト、水銀、ダイオキシンなど)の処理に配慮しなければならない。
業務を終えると、図面は新築時のものより多くなり、積算資料も本のように厚くなった。
積算によるが4tトラックで廃棄物は160台を超える結果となった。

現在建てられている建物すべてが、いづれ解体の時期を迎える。
今回の解体では、リサイクルできない資材は全体容量の40%程度になるだろうか。
焼却、埋め立てなどが最終処理となる。
これで持続可能社会は可能といえるだろうか。新築時に解体方法まで考えた設計が不可欠である。

****免震・制振構造では****
免震、制振装置のリサイクル計画がない製品は、購入しないようにすべきだろうと考える。




 


















          【更新情報  :講演・企画・報告 2019.10.05】             Top.

・2020.05.* 第35回免震構造設計セミナーin 東京 

        参考資料1 「免震部材の多数回繰り返し特性と免震建築物の地震応答性状への影響に関する研究」(独)建築研究所 No.170

            
http://www.kenken.go.jp/japanese/contents/publications/data/170/index.html
 
     参考資料2 「免震建築物の設計用地震層せん断力係数に関する検討」(独)建築研究所 No.162 
        参考資料3 「長周期地震動に対する超高層鉄骨造建築物の耐震安全性に関する検討」(独)建築研究所 No.160
        参考資料4 「地震観測に基づく地盤ー建築構造物の動的相互作用に関する検討」(独)建築研究所 No.167


(これまでの企画・講演)
・2019.08.23 第1回〜第34回免震構造設計セミナー講師 世良 信次(CERA建築構造設計)
・2015.01.15 耐震工学研究会 第85回研究会「護国寺月光殿見学会」 講師 東京大学 藤田先生、山辺構造設計事務所 馬場様
・2014.11.17 小規模建築物を対象とした地盤・基礎 解説講習会 主催:(社)埼玉建築士会、JSCA埼玉サテライト
・2013.11.16 講演:JSCA埼玉 役員会 勉強会「液状化とその判定方法について」 (講師:CERA建築構造設計) 
・2011.11.26 講演:JSCA埼玉実務者研修「はじめての振動工学と建築」(講師:CERA建築構造設計)  
・2011.05.26 講演:「東日本大震災に学ぶ」JSCA埼玉総会にて


(EeNiX (耐震工学研究会)& 勉強会報告)
・2019.08.27   JSSI 第8回技術報告会 & 免震・制振材料問題対応委員会中間報告会 
・2019.07.30   EeNiX 第102回研究会「実条件を考慮した鋼構造部材の安定性評価」 講師 五十嵐 規矩夫 先生
・2019.04.23   EeNiX 第101回研究会「長周期地震動に対応した免震構造用積層ゴム支承の座屈安定性」 講師 西村 功 先生
・2018.09.21   EeNiX 第99回研究会「免震建物の擁壁衝突を模擬する解析モデル」 講師 犬伏 徹志、荻野 伸行 先生
・2018.05.15   EeNiX 第98回研究会「建築物の耐震設計と振動特性評価」 講師 田村 和夫 先生
・2018.01.15   EeNiX 第97回研究会「長周期地震動と免震構造の対応」 講師 北村 春幸 先生
・2017.11.10   EeNiX 第96回研究会「過去の地震被害を今後の耐震設計にどのように活かすか」 講師 宮本 裕司 先生
・2017.08.21   EeNiX 第95回研究会「地震工学の発展」 講師 柴田 明徳 先生
・2017.05.10   EeNiX 第94回研究会「なぜ木造住宅は倒壊したか その原因と今後の対策」 講師 五十田 博 先生
・2017.02.23   EeNiX 第93回研究会「地震による建物の揺れと被害の見える化による防災対策支援」 講師 斉藤 大樹 先生
・2016.08.10   EeNiX 第91回研究会「平成28年熊本地震建物被害と免震構造の効果について」 講師 高山 峯夫 先生
・2016.01.28   EeNiX 第89回研究会「1階柱脚の降伏を避ける新しい構法による鉄骨ラーメン骨組の設計・施工」 講師 木村 祥裕 先生
・2015.11.11   EeNiX 第88回研究会「耐力の構造設計からエネルギーの構造デザインへ」 講師 竹内 徹 先生
・2015.04.24   EeNiX 第86回研究会「構造技術で社会をデザインする −企業から大学へー」 講師 高橋 治 先生
・2015.01.15   EeNiX 第85回研究会「護国寺月光殿の免震改修設計と見学会」 講師 藤田 香織、山辺構造設計事務所 先生
・2014.10.24   EeNiX 第84回研究会「東日本大震災による建物の被害とこれからの構造設計の課題」 講師 前田去 先生
・2014.07.11   EeNiX 第83回研究会「昇降機の安全規制と耐震設計」 講師 藤田 聡 先生(東京電機大学 教授) 
・2014.07.04   JSSI 創立20周年記念第3回見学講演会 in 宮城 講師 井上範夫 先生(東北大学 名誉教授) 
・2014.04.25   EeNiX 第82回研究会「東日本大震災による学校体育館の震動被害」 講師 山田 哲 先生(東京工業大学 准教授)

・2014.02.13   JSCA埼玉 技術講習会  「今後の建築構造の向うところ」 講師 早稲田大学創造理工学部 曽田五月也教授 
・2013.11.25   改正 建築物の耐震改修の促進に関する法律・同施行令の解説 : 設計者の資格要件が設定された。建築諸条件の緩和など
 以下 省略
 
(これまでの情報・報告・著書)
・2014.11.    著書:JSSI MENSHIN No.86 「創立20周年記念特集号 年表で見る免震建築の20年」 
・2014.08.--   共著:JSSI MENSHIN No.85 「創立20周年記念事業 第3回見学講演会
          「東北大学 青葉山キャンパス 人間・環境系実験研究棟」                     

・2013.12.19   著書:「免震構造設計概話」(初版) これまでの実施設計手順を概説しています。      
免震構造設計概話

・2013.10.28   投稿:「減衰効果を活かした設計」 鉄鋼技術 リレーエッセイ 2013.11版 P.91

・2013.08.27   報告:E−ディフェンスで免震建物の擁壁衝突実験                           

・2013.01.01   著書:JSSI 「免震建築の基本がわかる本」 共同編集 2013.6.20出版

・2013.06.01   講演:JSCA埼玉勉強会(液状化と建築)、 埼玉県民の液状化と建築トラブルの防止を課題。

・2012.11.12   情報:「長周期地震動に対する免震建築物の安全性検証法に関するの検討」建築研究所他


・2012.03.11   情報:中央防災会議による東海、東南海、南海、首都直下、主要断層地震波データが公開。問合先:中央防災会議事務局

・2011.11.26   講演:JSCA埼玉実務者研修「はじめての振動工学と建築」(講師:CERA建築構造設計)  
             建築構造設計では地震を代表として振動工学が多くとり入れられている。しかし、振動工学を勉強する機会は多くない。そこで、振動工学の基本的理論を省みて、
             現状構造設計に取り入れられている設計技術を見直し理解を深めることを目的とした。また、多彩な地震の実態に対応するためには、解析モデルが重要で、その例を
             示しながら振動とモデル化に潜む課題をみてみる。そんな思いで原稿準備をした。


・2011.5.26   講演:「東日本大震災に学ぶ」JSCA埼玉総会にて                            

・2011.5     著書:インタビュー「免震建築の普及」Japan Rubber and Elastomers               
          この原稿には、免震が目指す国民的技術と商業技術の交差に悩む設計技術者の葛藤を印した。

・2011.03.28   報告:新浦安市近辺液状化視察                                      

・2010.12    情報:「超高層建築物等における長周期地震動への対策試案について」              

・2010.12    著書:免震告示セミナー例題の英文化                                  

          この論文はロシアで行われた学会に提出し、日本の免震技術の動向を世界に示す一役とならんと試みた


              【震災と復興】Top.

・2014.07.04 訪問:東北大学 青葉山キャンパス マテリアル・開発系実験棟、人間・環境系実験棟(免震構造を採用し次期震災に備えた校舎)

・2014.05.07 訪問:名古屋大学 「減災館」を訪問、愛知県域の防災の基点となる活動拠点として建設された。免震構造が採用されている。

・2014.03.28-29 訪問:女川町を訪問、3年経過した町は新たに住宅域を設定し、隣接する山を切り開き大規模なかさ上げ造成工事を行っていた。
              安定しない地盤に住宅が建設されれば、新たな災害が伴う、充分な対策を望む。
              大川小学校跡地を訪問、山に隣接し、非難ができなかったことに人災を共感。 
              北上川の河口に位置し、水面レベルの土地に建てたことも計画の常識が問われる。

・2013.10.03 訪問:石巻市を訪問、2年7カ月の後の姿を見た。海面レベルから町全体が沈下していた。建物ではなく町を対象とした震災!


・2013.10.03 訪問:石巻赤十字病院を訪問20131003(JSSI出版委員会:報告予定)

・2012.10.20 訪問:石巻市を訪ねて ー門脇小学校近辺ー 2012.10.20                       

・2011.06.28 訪問:東日本大震災視察報告(宮城県名取市)                               
            この報告は、建築技術では対応しきれない現実を見たことの報告です。自然の巨大なパワーに建築物はなすすべもない。

・2011.02.04 講演:JSCA埼玉 工法・技術製品セミナー開催(講演者:CERA建築構造 世良)         
            この講演では、想定されている長周期地震動の意味するところを実計算例で伝えた。また、埼玉への影響を想定した。
・       情報:震災を救った石巻赤十字病院(免震建物)                          

・       情報:免震建物地震被害報告(国土交通省国土技術政策総合研究所)                 
















             【作品紹介】 Top.

大阪港湾同庁舎
(免震層基本設計協力)
ナイスアーバン今泉
(免震層設計協力)
寺町の家(姫路市)
(免震層設計協力)
共同住宅(東京都武蔵野市桜堤)
(免震層設計協力)
新町ビル(大阪市)
(免震構造設計協力)
松井建設ビル
(制震補強設計協力)

UNICOS渡り通路橋
(構造設計協力、歩行制震機構付)
司ビル
(制震補強設計協力)
ナイスアーバン中丸子
 (免震部設計協力)
    (仮称)リンタツ本社ビル
   (免震部、基礎部設計協力) 
姫路市医師会
 (免震部設計協力)
グランフォート郡山
(免震構造設計協力)
BK IT センター
(免震部監理コンサルタント)
ナイスアーバン豊岡
(免震部設計協力)
横山邸 
(免震部設計協力)
(仮称)トラスコ中山プラネット南大阪
(免震部、応答解析設計協力) 
日高市高麗公衆便所
(設計意匠、構造)
御徒町某マンション
(免震部設計協力)
       
東京国際空港立体駐車場P1,P2,P3
(建物施設・設備機器の中長期修繕計画)
さいたま市桜区桜田自治会集会所(構造設計協力)  護国寺月光殿
(免震部設計協力)
 仮称:京都市場水産棟
(耐震診断・補強設計協力)
 TSBビル(免震改修設計協力)  APA泉岳寺
(地震応答解析協力)
           
  岩国市役所
(基礎設計・免震・地震応答協力)
 (仮称)渡辺通り1丁目ビル(制振構造・応答解析協力)   名古屋永平寺別院
(免震部設計・応答解析協力)
  仮称:淵野辺幼稚園
(免震部・基礎設計協力)
小野防災センター
(免震部設計協力)
 
 仮称:おゆみ野計画
(免震部設計協力)
           
   上本町ビル
(耐震診断業務協力)
 仮称:浦和東高砂
(構造設計協力)
西原小学校給食センター
(構造設計協力)
 
名戸谷市民病院
  (免震部設計協力)
 
 東京都医学研究所
(免震部、地震応答解析設計協力) 
上町難波宮
(構造、免震部、地震応答解析設計協力)
           
 仮称:ディスコ呉工場
(免震部、地震応答解析設計協力)
 
 仮称:ナイス小田原
(免震部設計協力)
 
        大館市市民病院
(免震部設計協力)




















           【これまでの免震セミナー】Top.

■第34回免震構造設計セミナーin名古屋「免震建築の基本的設計から実践的設計、されど免震建築」2019.11.27
■第33回免震構造設計セミナーin仙台「免震建築の基本的設計から実践的設計、されど免震建築」2019.11.21
■第32回免震構造設計セミナーin東京「免震建築の基本的設計から実践的設計、されど免震建築」2019.08.23
■第31回免震構造設計セミナーin東京「免震建築の基本的設計から実践的設計、そしてこれからの設計」2018.04.20
■第30回免震構造設計セミナーin東京「免震建築の基本的設計から実践的設計、そしてこれからの設計」2018.03.30
■第29回免震構造設計セミナーin横浜「免震建築の基本的設計から実践的設計、そしてこれからの設計」2015.04.26
■第28回免震構造設計セミナーin東京「告示免震設計による応答計算の見直し案の紹介と対応」2015.03.06
■第27回免震構造設計セミナーin東京「これからはじめる免震構造設計」2014.10.28
                          「モデル建物による免震構造設計」2014.10.29
■第26回免震構造設計セミナーin 郡山「これからはじめる免震構造設計」2014.08.29
■第25回免震構造設計セミナーin 仙台「これからはじめる免震構造設計」2014.04.19
■SEINセミナー講演in大阪        「免震設計の基礎と免震構造に関わる最近のトピックス」2013.11.01
■SEINセミナー講演in札幌        「免震設計の基礎と免震構造に関わる最近のトピックス」 2013.10.25
■講演in SWCC                「免震構造の設計概要と設計者が免震部材に求めるもの」2013.02.15
■第24回免震セミナーin 高崎      「1日で設計する免震構造」2010.11.11
■第23回免震セミナーin 松本       「2時間で理解できる免震構造設計」2010.09.15
■第22回免震セミナーin 金沢       「1日で設計する免震構造」2010.09.09
■第21回免震セミナーfor 茨城・水戸  「6時間で設計する免震構造」2010.08.31
■第20回免震セミナーinさいたま     「1日で設計する免震建築」2010.07.30
■第19回免震セミナーin 名古屋      「1日で設計する免震建築」2010.05.13
■第18回免震セミナーin 大阪       「1日で設計する免震建築」2010.05.12
■第17回免震セミナーin 小田原      「1日で設計する免震建築」2010.03.19 
■第16回免震セミナーin 山梨       「1日で設計する免震建築」2009.11.21 
■第15回免震セミナーin 松山       「免震建物の構造計画から計算書作成まで」2009.08.24 
■第14回免震セミナーin渋谷区       「免震建物の構造計画から計算書作成まで」2009.05.29 
■第13回免震セミナーin豊島区      「免震建物の構造計画から計算書作成まで」2009.03.05 
■第12回免震セミナーin神戸        「免震建物の構造計画から計算書作成まで」2008.11.23 
■第11回免震セミナーin京都        「免震建物の構造計画から計算書作成まで」2008.11.22 
■第10回免震セミナーin松本        「計算演習でわかる免震構造設計」 2008.4.25 
■第9回免震セミナーin新潟         「計算演習でわかる免震構造設計」2007.12.07 
■第8回免震セミナーin千葉         「免震構造の基本から実践的設計まで」2007.07.04 
■講演in住友金属鉱山             「免震建築物の技術基準による構造計算方法の概要」2007.05.22 
■第7回免震セミナーin静岡          「免震構造の基本から実践的設計まで」2007.04.25 
■第6回免震セミナーin 岡山         「免震構造の基本から実践的設計」2007.02.20 
■広島住宅研究会in 広島            「木造住宅の免震・制震について」2007.02.19 
■第5回免震セミナーin仙台     「告示計算方法を用いた免震構造の実践的設計」2006.11.07 
■第4回免震セミナーin大阪     「告示計算方法を用いた免震構造の実践設計」2006.06.13 
■第3回免震セミナーin名古屋    「告示計算方法を用いた実践的免震構造の設計技術の紹介」2006.02.28 
■第2回免震セミナーin横浜     「告示計算方法を用いた実践的免震構造の設計技術の紹介」2005.12.21 
■第1回免震セミナーinさいたま   「告示計算方法を用いた実践的免震構造の設計技術の紹介」2005.10.21 
■特別構造講義 in 武蔵野美術大学 「震災と建築」2005.05.14 


















           【免震設計ノート】Top.

第1話 免震建築の特徴を周知しよう。 第2話 まず設計基本条件を確認しよう第3話 基本設計に入る。

 2010.04 版  第4話 免震層を設計しよう
 2010.04 版 

第5話 地震・風応答を予測しよう

 2010.04 版 

第6話 目標耐震性能を設定しよう

 2010.04 版 

第7話 設計手続きを決定しよう

 2010.04 版 

第8話 地震応答解析をしよう

 2010.04 版  第9話 上部構造を設計しよう
 2010.04 版 

第10話 免震部材の変形と付加応力を確認しよう

 2010.04 版 

第11話 下部構造を設計しよう

 2010.04 版 

第12話 目標耐震性能の確認を行う

 2010.04 版 

第13話 製品・施工管理計画、維持管理計画をたてる

 2010.04 版 

第14話 設計図書をまとめよう

 2010.04 版  付録1話 -1. 免震構造の歴史
 2010.04 版  付録1話

-2. 設計例の紹介

 2010.04 版  付録1話

-3. アンカーボルトの設計計算例

 2010.04 版  付録1話 -4. 免震部材特記仕様書例 
 2010.04 版  付録5話

-5. 工学的基盤の厚さと傾斜角の検討例





【更新事項】
現在なし



          【新技術へのチャレンジ】
Top.
全天向型ソーラシステム「ひまわり」 太陽光の射す方向の変化に追従し発電効率を高める。オイルダンパーは
システムのフレーム構造の振動安定性を高め、システム働動性を保持する。
免震層の新管理システム 地震発生直後の状況を遠隔地から管理できるシステム(開発中)































           【構造設計料】Top.
                弊社10年の業務経験から構造の種類や規模、その作業範囲と設計ルートによって基本的な弊社の構造設計費を設定しました。
                原則、対象とする建物の特殊性を考慮して協議により決定致します。                     
付録1話 従来の耐震構造の設計標準価格です。免震・制震構造は含みません。
付録1話 免震構造の設計標準価格です。中間階免震構造、免震改修の場合は種類、規模の分類に加え、大臣認定ルートとしています。
付録1話 制震構造の設計標準価格です。使用する制震部材は、流通されている部材を前提とします。特殊な開発部材の場合は別途協議とさせて頂きます。また、その場合は大臣認定ルートによる価格とさせて頂きます。
付録1話 耐震診断の計算標準価格です。構造図面・図書がある場合を前提としています。それら図面がない場合は、図面の復帰費が追加されます。
付録1話 耐震診断と改修設計の標準価格です。構造図面・図書がある場合を前提としています。それら図面がない場合は、図面の復帰費が追加されます。改修工法は、建物使用状況や予算を考慮して提案させて頂きます。
なお、改修設計のみの場合は、再診断計算となるため現場調査費のみ減額とさせて頂きます。
















         【免震建築 相談コーナー】Top.
 ここでは、免震建築をご検討されている方、免震建築の設計にチャレンジされている方々をアドバイス支援しております。
免震建築の計画・設計においては、多くの悩ましき点が生じます。そのような課題を解決できるようにアドバイスをさせて頂きます。
ただ、それらの中には無料対応できる範囲と見積りをさせて頂く範囲のものがありますことをご了承ください。
以下のような項目に区分し出来るだけ支援できればと考えています。
お気軽にご利用・ご相談ください。        
E-mail: cera-design@nifty.com   Tel & Fax : 049-298-5902            
<無料で対応> (お聞きする情報 )
 1.設計の手順について 建物規模、設計ルートなど
 2.地盤の調査事項について 建物規模、設計方法とルートなど
 3.設計方法と設計ルートについて 建物規模、地盤状況など
 4.告示計算の計算項目や手順について
 5.時刻歴応答解析の計算項目や手順について
 6.検討地震波の選択について 計画地など
 7.応答性能を向上させる方法について 設計性能概要のわかる資料
 8.設計期間と審査機関、審査時間について 設計方法とルートなど
 9.敷地と建物のクリアランスについて 配置図、建物規模、計画場所、地盤状況など
10.免震層の位置の選択について 建物規模、軸組図、基準平面計画図など
11.免震部材の選択と配置について 支点荷重、使用希望免震メーカなど
12.基礎の設計方法について 地盤情報など
13.製造管理、製品検査について 採用免震装置種類など
14.維持管理方法について 採用免震装置種類、免震層の位置など
15.計算書のまとめ方について
16.確認申請ほか審査の質疑に対する免震に関する軽微な回答 関係資料
17.その他:軽微な質疑 関係資料
<見積り対応> (主な必要情報 )
 1.地盤のGs値の計算  地盤調査結果情報など
 2.設計用地震波の作成  計画地、地盤調査結果情報など
 3.免震部材の選択と配置を含む告示計算 地盤調査結果情報、支点荷重、使用希望 免震メーカなど
 4.免震部材の選択と配置を含む時刻歴応答計算 地盤調査結果情報、支点荷重、使 用希望免震メーカなど
 5.基礎部の設計 地盤調査結果情報、上部建物、免震層情報など
 6.確認申請ほか審査の質疑に対する免震構造に関する重要な回答 (随時, 質疑内容による)








          【相談コーナーQ&A】Top.
2015
.03.20
分類 Q相談者 :ムーブ建築設計 杉山様
 (掲載許可済)
A
設計地震動 Q1.ユニオンシステムで出している「正弦波合成法による地震波合成プログラム」を用いて、中央 防災会議から取り寄せた地震波を、AIJ南海トラフ模擬波作成手法によって基盤波を作 成し、shake-proで地盤の応答解析をおこなって、基礎位置での地震波を作っています 。このようにして作成した地震波は、免震構造の応答解析に使えるのでしょうか? 中央防災会議より「この地震波は、建物の応答解析用の基盤波としての精度を有して いない」とのコメントが記載してあります。


Q2.現実的に、これ以上の精度の地震波をつくることは、現時点では難しいという事なのですね。
A1.私的な回答になりますが、以下のように考えてはいかがでしょう か。中央防災会議のデータは地震の影響を広域(1kmx1kmメッシュ)で評価しており、 建物に影響する地形(基盤の傾斜など)や地質変化まで考慮していないという意味で 精度は低いという ことを前提で使用してくださいという意味に解釈しています。 即ち、設計に用いる場合は、設計者の判断を入れて採用してください。という解釈もで きます。 「免震構造の応答解析に使えるのでしょうか?」ということですが、NOとは言えませ ん。 一般に、地震波の作成では、基盤状況の詳しいデータを入手することは難しく、解法によ っても 大きく結果は変わりますので、この程度の精度以上を求めることは難しいからです。 よって、設計に用いる場合は、その精度を考慮した設計者判断で、表層の情報には精度を あげ、 算定値に余裕をある程度設けるということを設計書に明記し使用されてはいかがでしょ うか。

A2. 難しいのですが、精度を上げることは不可能ではありません。 例えば、実例ですが計画地の工学的基盤(Vs>400m/s)が5℃以上傾斜し 谷のように凹凸になっていた例ですが、地盤調査ボーリングを12本行い 敷地内の凹凸を立体モデル(有限要素や境界要素法など)で表現し、中央防災会議の提供波をモデルの入力波とし、モデルの応答解析による表層波を再度、設計用工学的基盤波と 定義し直した例もあります。こうすれば精度は上げることが可能です。 しかし、かなり難しく経費もかかり、実用的ではありません。 簡易的ですが、凹凸の形状を考慮した加速度増幅率を用いるのが実用的です。 要は、凹凸の形状を何らかの方法で評価したか、しなかったが重要に なると考えられます。
2015.
04.01
某建設会社 設計部の方
残留変形 Q1.残留変形は50mm程度で管理すると言われていますが、100mmぐらいではどうなるのですか。






Q2. 残留変形と性能劣化とは関係がありますか。
A1.50mm程度を超えるとジャッキなどを用いて建物位置を修正することを奨めます。100mm程度は免震部材が降伏特性域に入っており、長時間経過すると建物がその変形方向にさらに変形することが懸念されます。早急に位置を戻すことと、有害な変形が免震部材に生じていないか点検が必要です。その結果によっては取り換えも検討する必要があります。 残留変形が生じる理由については、「免震建物の維持管理基準」2012 JSSI P.27 参照ください。なお、残留変形の管理値は慣例的なもので、本来は個々の建物で固有の値です。水平クリアランスの余裕度(=施工値ー設計値)以内、免震部材の降伏変位以内、及び水平EXP部の納まりと機能上の障害にならない範囲で設定する必要がります。
A2.ゴム部の劣化はオゾンや紫外線などの影響が大きいと言われていますので残留変形の影響は少ないと考えられます。減衰抵抗を示す高減衰系、鉛プラグ、錫プラグ入り系は、弾性域と降伏域があり、残留変形が降伏域に入っていると、鉛直支持性能も低下するため長時間でクリープ変形が増加する懸念があります。その状況にある免震部材が地震を受けた時に設計性能を発揮できるかは疑問です。その意味では、性能が劣化すると考えられます。

  
















        【情報リンク】Top.
【地震情報リンク】
長周期地震動予測地図2009

地震災害の基礎知識

東京大学地震研究所

JIS 地震情報サイト

地震ハザードシステム

気象庁

中央防災会議


地震調査研究推進本部


Hi-net高感度地震観測


kik-net:基盤強震観測

k-net:強震ネットワーク

F-net:高帯域地震観測

MeSO-net首都圏地震網

日本地震情報研究会
【国土交通省サイト】
         
【国土地盤情報サイト】

kunijiban

ウォッちず

【国土ポータルサイト】
portal.cyberjapan.jp

ハザードマッフ

【建築研究所報告資料】
建築研究所

K-NET強地震の基礎

著名な強震記録
【メンバHOME】
福岡大高山研

【学術情報リンク
AIJ日本建築学会

建築学会論文検索

JSCA

JSSI

耐震工学研究会

Eディフェンス


JSCA埼玉
【申請機関リンク】
JSSI


日本建築センタ

ERI

GBRC日総試

日本建築防協会


アウェイ評価ネット

【ソフト情報リンク】
ユニオンシステム

NTTデータ

構造計画研究所

【耐震診断・改修情報】
耐震診断・耐震改修のススメ (パンフレット)
             
             
             
             

会社紹介業務内容と実績免震の技術免震建物の設計制震の技術制震建物の設計